南砂どうぶつ病院

皮膚病

ワンちやんやネコちゃんの皮膚病は、動物病院に診察に来られる病気の中で最も多い疾患の一つです。
皮膚は様々な外的および内的刺激により、種々の反応を生じ変化を表します。
その結果、ワンちゃん達は『痒みや脱毛』を訴えて、飼主様に連れられて動物病院を受診することになります。

現在までに小動物の皮膚病では450以上の症例が報告されており、その病気を鑑別し特定することは容易な事ではありません。
これら皮膚病を生じさせ悪化させる原因として、感染症・アレルギー疾患・内分泌疾患・免疫介在性疾患・先天的要因・腫瘍・精神的要因などが考えられます。
しかし、これらの原因が必ずしも単一で皮膚病を発症しているだけではなく、複雑に合併して発症している場合も少なくありません。

また一方、その子の体質が問題となるような皮膚病の場合は『治る皮膚病』ではなく『管理する皮膚病』として対処していかなくてはなりません。
私たちはワンちやん達の皮膚に不安を抱える飼主様と一緒に考え、その子が日常生活に支障がない生活を送る事が出来るよう、精一杯お手伝いさせて頂きたいと考えています。

患者様ご来院エリア:江東区 南砂 北砂 東砂 大島 東陽町 南砂町
【南砂どうぶつ病院】 東京都 江東区 北砂 4-1-6  TEL:03-3699-5537
Copyright(c) 2012 南砂どうぶつ病院 All Rights Reserved.